「TENET テネット」を観に行った

今日は友人に誘われてテネットを観に行った.





ネタバレ回避の改行






何やら話が難しいという事前情報があったので,ストーリーなんも理解出来んかったらどうしようとか思ってた.

が,大筋は普通に分かるし大規模戦闘アクションも映画館特有の爆音大画面臨場感とともに味わえるので楽しめた.


タイムトラベルものなので過去と現在の話がごっちゃになって難しくなるのは当然で,この作品に関しては過去に戻った後の時間の進み方が普通ではないので更にややこしくなっている.

シュタゲを一気見したときくらいの情報量がなだれ込んでくる感じ.



加えて,エントロピーの減少だの核融合の逆放射だの陽電子が時間を遡るだの物理学チックな単語が多数出てくるのでその辺の知識が少しないと理解しにくそうな気がした.

映画を観てる途中に陽電子ってそんな時間に関係する性質あるの?と思ったが,どうやら解釈の問題らしい.

まあ逆に物理好きな人(というかSF好きな人)は観ててワクワクできると思う.



まだ観てない方は「TENET テネット」を是非.

投稿者:

mkt

徳島の高専から名古屋の大学にやってきた.趣味は将棋で,石田流が好きな振り飛車党.スパコンを使ってやべーシミュレーションをしたいと思ってる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です