「天気の子」を観に行った

昨日(8月13日)に天気の子を観に行ったのでその感想.

 

 

 

 

 

 

(ネタバレ回避の改行)

 

 

 

 

事前に賛否両論あるという情報だけ知っていたので結構身構えたが,ハッピーエンド以外の何物でもなくてとても安心した.

もし陽菜が天から戻ってこないままだったなら,僕はこの物語があまり好きではなかっただろう.

主要なキャラが死んでしまう作品(魔法少女育成計画とか鉄血のオルフェンズとか)は見ていて辛かったので,帆高はよくぞ助けてくれた.

夏美,凪,須賀の助けを得てビルの屋上を目指すシーンは本当に最高.

 

結局,陽菜を助けたことで雨は再び降り続いてしまったわけだが,多くの人々は「異常気象だ」と感じるだけで,何も問題は無いと思う.

実際警察は,帆高の「陽菜の犠牲によって晴れた」という主張に対し,まともに取り合わなかった.

須賀も帆高を警察から守った3年後には帆高に向かって「大人になれよ」と言っている.

帆高と陽菜の話を信じてくれる大人などそうはいないだろう(夏美なら聞いてくれそうではある).

つまり,帆高と陽菜の選択によって異常気象が続いてしまったと考える大人はいない.

だから,問題はない.

まごうことなきハッピーエンドである.

 

天気の子は,この世界をよく表現していると思う.

須賀が「この世界は元々狂ってる」的な発言をしたが,まさにそう.

世の中には理不尽が溢れてる.

一部の狂人のせいで突然命を落とすことだってある.

本当に狂っていると思う.

だからといってどうしようもない.

3年間雨が降り続く世界に順応したこの映画の住人のように,どんなに狂った理不尽でも折り合いをつけて生きていくんだろうな.

「プロメア」を観た

研究テーマ周辺に関するまとめのゼミ発表を終えてひと段落したので,プロメアという映画を友人と観てきた.

この映画はTwitterでの評判が凄く良かったので気になってた.

事前知識としては映画の見出しのビジュアルを見てたことと,グレンラガンと監督だか制作会社だかが同じらしいということくらいで映画に臨んだ.

これは映画を観る前に食べたラーメン
















(一応ネタバレ回避の改行)









感想を一言で言うならアツかったに尽きると思う.

今でも余韻が凄い.

上映中は姿勢を崩さずに,手の汗すら拭わずに,劇場の売店で買ったコーラに一口もつけずに,ただただ映画にのめり込んでた.

のめり込んでいたというか,映画の勢いに飲まれてた.

それくらいバトルとアクションのシーンが良かった.


最初は,このキラキラした救急車っぽいのダサくね?とかこの世界えらい角ばってるしキャラデザも受け入れられるかなぁとか心配してたが,無用だった.

みんな格好いい.

たたずまいとかバイクの乗り方とかいちいち格好いい.

アイナとリオはかっこよさと可愛さを持ち合わせているので最強.

 

一番感情が高ぶったのが,火山口に逃れたリオが絶対冷却?をぶち壊して怒りで覚醒したシーン.

厨二心をくすぐられた.

拳を握りしめながら叫ぶと自分を爆心地として周りがはじけ飛んでなんかパワーアップするやつ好きだよね.

 

あとデウス博士が出てきた辺り(氷の下の極秘施設が出てきたとこ)のプロメアの説明とかはずっとワクワクしながら聞いてた.

核融合とかいう単語は聞いただけでテンション上がった(つい昨日「核融合発電 一歩前進 プラズマの電子温度6400万度達成」という記事を見てたため).

宇宙とか物理学とかのロマンあふれる要素をいい具合に組み込んでくれるの最高.

 

とりあえずプロメアはめちゃくちゃ面白いし楽しめるのでこれは推さずにはいられない.

バイト代が入ってきたらとりあえずサントラ買いたい.

「劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~」を見に行った

今日は名駅付近にあるミッドランドスクエアシネマにユーフォの映画を見に行った.

ユーフォに関してはアニメ1期,2期,リズと青い鳥の映画も見ていたので続編の映画はとても楽しみだった.

パンフレットと入場者プレゼント
















(一応ネタバレ回避の改行)









内容は久美子達の2年生編で,吹部の新入生とともにコンクール全国大会金賞を目指す話だった.


新入生の中では久石奏が一番好き.

奏が久美子をからかって軽くあしらわれるシーンが良かった.

もし3期があるなら2人の絡みをもっと見てみたい.


映画のシーンで衝撃だったのがラストにコンクールでダメ金をとったことである.

まだ来年が残っているので3期への布石と考えれば妥当かもだが,全国にすらいけないとは思っていなかった.



演出面は流石は劇場版といった感じで,3Dと2Dを全く違和感なく組み合わせて演奏シーンを描いていた.

演奏中のホール内のダイナミックなカメラワークはめちゃめちゃに惹かれた.



演出で一つ分からないところは,映画のシーンがちょくちょくビデオカメラで撮影したムービー風になっていたところである.

頭の中で振り返ってもやはり分からないので,また考察ブログを漁ってみようと思う.



劇中ではアニメの回想やリズと青い鳥要素が散りばめられていたので,アニメを見た人は是非今作の映画も見てほしい.






映画見終えた帰りは煮干しラーメンを食べて帰った.

旨かった.

「劇場版 幼女戦記」を見に行った(春休み9日目)

今日は幼女戦記の映画を見に行った.








(ネタバレ回避の改行)












幼女戦記は2年前の今頃(2017年冬)アニメが放送されていて,僕は編入試験の勉強の合間に見てた.

この作品は世界大戦の時代が舞台となっていて,主人公サイド(帝国)はドイツがモデルとなっている.

戦争の話なので少し悲しい部分もあるが,そこまでリアル寄りに描いているわけではない(魔導師が出てきたりする)のでうまくアニメに落とし込んだなぁといった感じ.


映画の内容はアニメ後の話だった.

映画で印象に残ったのは主人公ターニャ・デグレチャフがゼートゥーア閣下に「帝国が負けそうだから後方に回してほしい」と進言したシーン.

これはデグレチャフが未来から来ているので,第一次,第二次世界大戦の結果を知った上でのものである.

陽動作戦や南部制圧で戦果を上げたデグレチャフからの提言だったので当然すんなりとはいかなかったが,なかなか上手な言い回しで説得していた.

この辺の説明は歴史知ってたり軍隊の知識があったりするともっと楽しめるんだろうなぁという感じはした.

地名とかも実際のドイツからとってきてたりするのかな.


あとはやはり戦闘シーンがよかった.

デグレチャフとメアリーの一騎打ちはめちゃアツ.

進撃の巨人の立体起動装置以上にヌルヌル市街地を飛んで術式ぶっ放して殴り合ってするのでこれは是非映画館で見てほしい.



良い気分転換ができたので明日からまたTOEICの勉強を頑張りたい.