名大将棋部の春合宿に参加した(春休み18日目~21日目)

2月22日~25日に将棋部の合宿があったので参加した.

今回は三重県伊勢市に行ってきた.


親の金が出ないとのことだったので参加するか迷ったがバイト代から金を捻出した.







合宿のスケジュールはこんな感じ.

1日目

  • 団体リーグ戦

2日目

  • リレー将棋
  • 伊勢市をちょっと観光
  • 地獄名人戦

3日目

  • 詰将棋選手権
  • トーナメント戦

4日目

  • 朝食食べて帰る



夏合宿と大体一緒だが,今回は常識力テストが無かった.





初日の団体リーグ戦は局面を覚えてないので割愛.

ゴキゲン中飛車と相振りを指したのは覚えてる.





2日目のリレー将棋では振り飛車党の2人とチームだったが僕の悪手により3局のうち2局の局面を悪くしてしまい,1勝2敗となった.


反省の意味を込めて一つ局面を載せておく.

戦型は超速対ゴキ中で,飛車を歩で閉じ込めるあの変化.

角成りを受けずに飛車が走ってきてくれたので流石にこちらが良かったと思うが,以下の局面で僕が香車を打たずに歩を取ったため悪くなった.


短い時間で手が読めるようになりたいね.





リレー将棋のあとはフリータイムだったので宿の周辺を少し歩いて,二見興玉神社に行った.

夫婦岩

直ぐ近くには水族館があったが周りの雰囲気だけ見て帰った.

伊勢市といえば伊勢神宮だが,正月に行ってきたばかりなので行かなかった.





地獄戦は,2日目の夜に行われた.

夏合宿は地獄竜王,春合宿は地獄名人というタイトルにしているらしい.
負け進みというルールは共通で,決敗戦で負けた人がタイトルを獲得する.


今回の地獄名人戦では一回戦に五右衛門さんと当たった.

戦型は相振り飛車だった.



以下は3筋の歩を突き捨ててから△2六歩▲同歩△同飛と,飛車が走ってきた局面.

ここで単純に飛車を引かせると△2四飛~△8四飛と回ってこられて嫌だったので▲7四歩と打ってから▲3四銀と上がった.




その後7四の歩が取られそうだったので▲6五歩と突いて角交換を申し込んだ.

△8八角成▲同飛△3三角に対して▲1五角と打った.

飛車を取り合った場合小駒を直ぐに回収されるのでそこまで気分は良くないが,▲8二飛からの▲8一飛成や▲8三飛成を楽しみにできると思ってこの角を打った.

本譜はこれに対して△2二飛と引いた.

その後は6五や7四の歩を生かしてと金や馬を作ってなんとか勝った.






初日,2日目と相振りでいい感じに勝っていたが,3日目のトーナメントの予選では相振りでボコボコにされたので,やはりまだまだセンスが足りない.

角道を止めた金無双向かい飛車を組んだ後,再び角道空けるのが遅いと痛い目を見ることがわかった.



予選で印象に残っているのはVANさんとの対局.

居飛車穴熊に対して発狂する手順を知らないので,銀冠を組んでゆっくりしようとしてたところを攻められた.

本譜はここで▲同歩と取ったが,▲2七銀△5三角▲4五歩の方が良かったかもしれない.

居飛車穴熊は本当によくやられるので決定的な対策を持っておきたい.





詰将棋選手権は時間いっぱい使ってギリギリまで解いていたが最後まで解くことは出来なかった.

周りの人が解くの早すぎて怖い.

最近,詰将棋の本を部室から借りてちょくちょく解いているが7手詰以上は本当にキツい.

今回の問題で,17手詰を正解したのは嬉しかった.







最後になったが旅館のご飯は今回も美味しかった.

一人暮らしをしていると刺身を食べる機会があまりない(魚を買おうと思わない)ので久しぶりに食べた.

1日3食お腹一杯食べられるのがありがたすぎる.




伊勢うどん






伊勢エビ











今回の合宿で4→3戦法という素晴らしい戦法があると知ったのでまた勉強したい.


来月には大阪で学生選手権という将棋の大会があるのでぼちぼち頑張る.

Kaede Higuchi 1st Live “KANA-DERO”に行った

今日はでろーんのライブがZepp Osaka Bayside であったので行ってきた.


ライブ自体行くのが初めてだったので色々と初心者ムーブをかましてしまったが,まあ楽しめたので良し.


物販ではグッズ1種につき1人1つまでという制約があったので「全然余裕じゃね?」と思ってたらそんなことはなかった.

2時間前に並んだ人でさえCDやペンライトを買えなかったという人も居たようで,正直びっくりしてる.

ゲーマーズなんば店でサイリウムを買っておいて本当に良かった(キーホルダーもついでに買った).




ライブのスタンド席は思ってた以上に狭かった.コートを着て入ったのは多分失敗で,普通に暑かった.



ライブの出だしはでろーんの生歌を聞けたというだけで感極まってた.

今まで部屋で1人でループさせて聞いてた曲を,生歌で,迫力のある演奏で,大人数で聞くってだけでこんなにも楽しいのかって感じだった.

コールも予習したかいがあって結構ノれた.特に響鳴は格好いいしコールしやすいしで最高の曲だった.


何はともあれ16曲を歌いきったでろーんは本当に凄いし,アンコール後のWISH!は感動したし演出も素晴らしかった.



最初にでろーんがライブするという発表を聞いたときは嬉しい反面,「あ,もうそんな遠くに行っちゃうのか…」みたいな謎の寂しさを覚えた.

ただ,今日をライブを見て,それでも応援しないとなぁと思う.

やっぱり輝いているでろーんが見たい.

僕はYoutubeの動画再生やグッズ購入くらいでしか応援出来ないけど.でろーんにはこれからも活躍して欲しい.

最高のライブをありがとう.

おつでろーん!

新居浜将棋会館新春指し初め将棋大会に参加した

1月2日に新居浜で将棋の大会があったので参加してきた.

せっかくなので出来事をつらつら書こうと思う.

将棋の盤面は印象に残っているのを適当に載せる.


1月1日

余裕を持つために愛媛には前日入りした.

徳島駅から新居浜駅へ一本でいけるバスが無かったので,徳島から三島・川之江ICまでバスで行き,そこから伊予三島駅まで徒歩で移動して電車に乗るというルートで行った.


新居浜駅には19時過ぎに着き,おっさんさん(仮名)と合流してから鯛めしを食べに行った.

鯛の身が驚くほど柔らかかった.旨かった.



この後,将棋会館に行って一局指した.

戦型は中飛車対三間飛車となり,こちらが無理攻めをしてきっちり受け切られて負けた.

うろ覚え盤面(多分先後逆)だが.途中以下のように飛車を叩かれた.

これを同角としたが,同飛でも戦えそう…?と感想戦でなってた.





この対局の後,白玉さん(仮名)と合流して寝床(ファンキータイム)へ向かった.



3時前くらいまでカラオケルームに滞在してからパーティールームに移動して寝た.
カラオケはプリキュアを含むアニソンを歌った.
白玉さんがちょくちょくプリキュアのタイトルを知ってて草だった.





1月2日

朝はシャワーを浴びて吉野家で朝飯を済ませてから将棋会館に向かった.


本大会で予選は4局,本戦は5局指した.

対局は30分切れ負けで,一般と有段クラスでグループを分けて行った.

僕は一般で出場した.


白玉さんとは予選で当たり,おっさんさん戦と同様に中飛車対三間飛車となった.

相手の中央は二枚銀でこちらの飛車が少し狭かったが,歩で銀を追い返してから△5七角成〜△7八銀(盤面参照,ただし先後逆)が意外に手になっていて勝てた.



予選は3勝1敗で突破した.




本戦2回戦ではゴキゲン中飛車を指したが,対戦相手が角道不突きの超速をやってきてめちゃくちゃ苦労した.

▲3五歩を突かれた時は5分以上持ち時間を使った.

玉が薄いままの攻め合いになったが,序中盤上手く立ち回ることが出来て勝てた.

特に△4五桂と跳ねた手(盤面参照,先後逆)は上手く決まったなと思った.

本譜はこの後▲5六銀△同飛▲同歩△4六角と進んだ.





準決勝では今年の総合文化祭で新居浜高専Cチームの三将をつとめていた方と当たった.

ゴキゲン中飛車をしようかと考えたが,先ほどの対局で上手く指せたので今度は違う戦法を指そうと思い,三間飛車にした.

勉強不足で捌き方が分からなかったので強引に飛車交換したが,相手の美濃囲いを崩せず防戦になり,受けまくってたら時間切れで負けた.



最後の3位決定戦の対戦相手のおじさんはなかなか奇抜な序盤で翻弄された.

「電車の時間大丈夫?」等の盤外戦術も駆使され苦戦したが,隙を突いて馬を作り,差を広げることができてなんとか勝った.





帰る前にプチ表彰式で賞状を手渡してもらった.






この後,おっさんさんの兄に新居浜駅まで車で送ってもらい,特急に乗って伊予三島駅に行き,そこからタクシーで高速バス乗り場まで行った.

なんとかバスに間に合って本当に良かった.





今回の旅行は軽いノリで来てしまった部分があるので行きも帰りもバタバタしてたが,なんだかんだ入賞できたし将棋をたくさん指せて楽しかった.

逆求人フェスティバルに参加した(夏休み47日目)

9月22日(土)に開催されたジースタイラスさん主催の逆求人フェスティバルというイベントに参加した.

 

名大のM1の先輩に誘われたのがきっかけで,気軽に参加してもいいよ!とのことだったので将来の就活の参考になれば良いなと思い参加した.

将来,というのは僕自身は院進したい気持ちが強く,就活はまだ先かなぁとぼんやり考えてたためである.

 

 

本イベントは学生がブースに立ち,企業がそのブースを訪れて25分間お話をするというもの.

25分のうち最初の5分程度を使って学生側はこれまでの経歴や作成物を紹介して自分をアピールする.

企業側はあらかじめ逆求人のWebサイトに登録された学生たちのプロフィールをチェックしておいて,その中で気になる学生と面談する.

 

 

僕はあまりプロフィールを充実させられていなかったので企業さんが全然来ないのではないかと少し不安だった.

というのも,参加を決定した9月4日以降は合宿や集中講義があったり,イベントの一週間前にPCを組み始めたりしていて(これは自業自得),プロフィール編集に時間を割いていなかったからだ.

 

 

しかし,その予想と反して当日は

  • ヤフー
  • ソフトバンク
  • Retty
  • アカツキ
  • リブセンス
  • KLab

の6社もの企業さんと面談させていただいた.

 

 

面談での自己アピールは主にパズドラロボットの話をした.

企業さんへの質問は,会社の雰囲気,社内勉強会等について,働きつつ趣味で研究をすることについて,の3つを伺っていった.

 

趣味で研究,というのは高専時代の先生が「博士課程に行くより,院卒で大企業に就職して趣味で研究するのが正義」みたいなことを言っていた記憶があり(定かではない),実際どうなのかを知りたかったので聞いた.

 

 

 

社内勉強会は形態は様々であれどの企業さんも行っているようだった.

1週間や2週間に1度など間隔を決めて行われていたり,間隔を決めず自由に行ったり,あるいはその両方だったりした.

内容も業務に関するものだったり,あくまで趣味のものだったり,中には線形代数などの基礎科目で勉強会を開いている企業さんもいた.

 

 

 

趣味での研究については,副業OKの会社も多く全然大丈夫という返答が多かった.

 

ただ,そんなに研究したいなら院進しなよ,という当然のツッコミは受けた.

 

特にKLabさんとの面談では博士課程を出られた方とお話をして,色々とアドバイスを頂いた.

まず,社会人になってから1つの研究テーマに2年も3年も没頭する機会は無いので,研究したいテーマがあるなら絶対に院進したほうが良いとのことだった.

そして,院卒もしくは博士課程卒で就職しても遅くはなく,むしろ専門性を高めてから就職したほうが活躍できるとも言っていただいた.

 

就活イベントの場で「まだ就職はしません」と言っているような僕に対して丁寧にアドバイスして頂き,とてもありがたかった.

 

 

 

今回のイベントで就活の雰囲気がまた少し分かった感じがする.

また,企業の方とたくさんお話をして就職について考える貴重な機会を得られた.

院進をほぼ決めている自分が参加したのは企業側からするととんでもない迷惑だった可能性は否定できないが,改めてお礼のメールを送りたいと思う.

 

 

イベントお疲れ様でした.

 

 

 

名大将棋部の夏合宿に参加した(夏休み32日目〜35日目)

9月7日〜10日に将棋部の合宿があったので参加してきた.

 

合宿中は一言日記を書く時間が無かったのでここでまとめて書く.

 

 

 

 

合宿の大体のスケジュールは以下.

 

1日目

  • 個人トーナメント戦

2日目

  • 団体トーナメント戦
  • 体育館でスポーツ
  • 地獄竜王戦
  • 常識力テスト

3日目

  • リレー将棋
  • 詰将棋選手権
  • 5年生(1人) vs 1年生(5人)の5面指し

4日目

  • 朝食食べて帰る (僕は集中講義があったため朝食前に出発した)

 

 

 

 

2日目にあった地獄竜王戦と常識力テストは将棋部の伝統らしい.

 

地獄竜王戦は負けた人が進んでいくトーナメント戦で,決敗戦で負けた人は地獄竜王のタイトルが取れるというもの.

僕は初戦で運良く勝てたので地獄竜王は免れた.

 

 

ただ,常識力テストは散々な結果に終わり,100点満点中66点という今回の最低点を叩き出してしまった.

一番悔しいのは銀杏が書けなかったこと.

漢検準二級とは何だったのか.

 

来年はリベンジしたいが,問題のジャンルが国語,数学,理科,社会,英語,その他(ニュース等)と範囲が広いので対策立てるのが難しそう.

 

 

3日目のリレー将棋はVANさんとOTK君との3人チームだった.

2人とも居飛車党だったので四間飛車の対抗形や横歩取り(?)を勉強させてもらいながら指した(相談タイム使いまくった).

居飛車全然分からんとなってた.

 

 

 

 

 

旅館の飯はとても美味しかった.

3玉100円のうどんもしくは1袋約70円の袋麺ばかり食べていたので,お腹いっぱい美味しい料理を食べられて最高だった.

写真は2日目か3日目の晩飯.

 

 

 

 

 

 

せっかくなので合宿中で印象に残った棋譜を思い出しながら書き留めておく.

対局したその日に下書きでもしておけば良かったのだが,夜はスマブラやカタンで忙しかったため無理だった.

 

 

まず1日目個人トーナメント戦での市長さんとの対局.

市長さんとは部室でちょくちょく会っていて,石田流のことや詰将棋のコツ(?)などを教えてもらっていたりはしたが対局は初めてだった.

市長さんの初手が▲7八飛だったので相振りになった.

 

下図は△2六角と歩を取った局面.

次に▲4八金や▲3八銀とかで3七の地点を受けられていたら大変だった.

本譜は▲3八玉で,△3七角成▲同桂△3六歩となってなんとか攻めが繋がった.

 

 

が,その後△3八とと金取りをかけたところで▲5六角を打たれた.

これが攻守ともによくきいていて,こちらが悪くなった感じがある.

 

途中の手順で凄い手だなぁと思ったのは▲4一銀〜▲5二金.

6一の金が5二に移動させられて受けがきかなくなってしまった.

5二の地点でバラした後,▲8二歩成〜▲8三銀で負けとなった.

 

 

 

角銀飛車での玉頭殺到される前に攻め勝ちできるようになりたい.

 

 

 

 

次に印象に残った対局は2日目地獄竜王戦でのすっちーさんとの対局.

戦型は居角左美濃対中飛車だった.

 

序盤の仕掛けの手順が思い出せなかったので覚えている局面を載せる.

△5四飛▲4五角△4六桂と進んだ局面.

飛車を逃してはダメな気がして感覚で桂馬を打った.飛車角交換の後,金当たりになるのでそれでいいかなくらいに思ってた.

その後,飛車金交換をして駒損をしたが,相手の玉が狭そうだったのでゴリゴリ攻めた.ただ,▲5二銀に同歩と取ってくれなければよく分からなかったかもしれない.

一通りバラした後の△7三歩成が詰めろになっていて気持ち良かった.

この後,▲1三角△8三と▲3五角と進み,王手馬取りをかけることができてなんとか勝てた.

 

見直していて局面の先手後手が逆なことに気付いた…

まあいいか.

 

 

 

 

 

 

今回の合宿で名大将棋部の方々の強さを改めて感じた.

詰将棋ももう少し解けるようになりたいと思った.

 

将棋のモチベーションが高まったので,さっさとグラボ積んだ自作PCを組んで機械学習を取り入れた将棋AIを作りたい.